特別展

  • HOME
  • 特別展
  • 毎日現代書巡回展 静岡展・神奈川展・豊岡展

特別展

毎日現代書巡回展 静岡展・神奈川展・豊岡展

◇毎日現代書巡回展・静岡
 第65回展を迎えた毎日書道展の記念展として全国 10会場での開催が決まった毎日現代書巡回展の第1弾、「静岡展」が3月26日から4月3日まで静岡市の県立美術館で開かれた。毎日書道会の最高、常任など顧問、理事はじめ監事、総務、評議員の各役員64人や県内在住の書家の新作、約120点が展示され、会期中、多くの書道ファンで賑わった。開幕の26日夜、市内のホテルで川勝平太知事らも出席、盛大な祝賀会が催された。この記念展に合わせて、毎日展の前身、第1回全日本書道展で内閣総理大臣賞を受賞した故・平岡朴斎氏の書業をたどる「現代書作家展・しずおか」も行われ、大きな反響を呼んだ。

◇毎日現代書巡回展・神奈川
 毎日現代書巡回展の第2弾、「今をえがく書 かながわ」展が4月5日から14日までの9日間、横浜市のそごう美術館で開催され、1万千人を超す入場者で大きな話題となった。
毎日展にふさわしく漢字はじめかな、近代詩文書、大字書、篆刻、刻字、前衛書の7部門すべての作品、約340点が大胆に空間を利用した展示方法で飾られ、関心を集めた。出品作家による連日のギャラリートークも好評で大盛況、会期中には、黒岩祐冶知事も訪れ、席上揮毫のイベントに参加、作務衣姿で「気」を一気に書き上げると見守っていた人たちから大きな拍手が送られた。

◇毎日現代書巡回展・豊岡
 毎日現代書巡回展の豊岡展は5月17日から19日まで兵庫県但馬郡城崎町の城崎大会議館で開かれ、1500人の入場者があり、反響を呼んだ。役員巡回作家64人、関西代表作家318人の新作382点が展示された。中貝宗治豊岡市長、西野象山実行委員長ら関係者5人によるテープカットで開幕、期間中、役員書家の作品解説、席上揮毫などが催され、毎日現代書の魅力を披露した。また、スペシャルイベントとして地元城崎に江戸時代から伝わる麦わら細工の実演販売があり、人垣ができた。図録と合わせて巡回展の成果と教訓を盛り込んだ「書の力―城崎にて」を制作、出品者に配布した。

130820gendai_junkai_1
作品が引き立つ陳列、大盛況だった静岡展

 

130820gendai_junkai_2
ユニークな展示の手法も話題となり、成功を収めた神奈川展

 

1308gendai_junkai_3
テープカットをする中貝市長(左)、西野実行委員長(右)ら関係者

  • 展覧会情報 特別展
  • 展覧会情報 海外展
  • Mainichi Shodo Exhibition
  • La Calligraphie du Japon
  • 書の甲子園
  • 毎日書道図書館
  • アートサロン毎日

ニュース

2018年7月9日

「特別展示『墨魂の昴』に関する書籍コーナーのお知らせ」毎日書道図書館のページを更新しました。

2018年6月19日

「巻子の複製をご寄贈のお知らせ」毎日書道図書館のページを更新しました。

2018年6月4日

「特別展示 『墨魂の昴―近代書道の人々』のお知らせ」特別展のページを更新しました。

2018年6月2日

「第70回毎日書道展記念 「毎日現代書巡回展」のお知らせ」<更新>特別展のページを更新しました。

2017年10月19日

「曝書のお知らせ」毎日書道図書館のページを更新しました。

ニュース一覧