現代日本の書

現代文や詩歌を題材に表現された作品で、漢字とかなの調和をはかり、新しい書を生み出してきました。読めることが親しみ易さを呼んで多くの人たちの支持を得て、毎日書道展を舞台に展開、拡大されてきました。

作品一覧

  • 風薫る鶴翼の燈や聲發す・・・(自作)
  • 二十億光年の孤独…(谷川俊太郎)
  • 蔓踏んで一山の露動きけり・・・(原石鼎)
  • 「地蔵さま」・・・(自作)
  • 二つゐて鴛鴦と思ひき さびしかり・・・(加藤楸邨)
  • 秋の野に鈴鳴らし行く人見えず・・・(川端康成)
  • 釋迦像眉目涼しき玉佛寺・・・(山本一史)
  • 睡蓮の開花の刻の水しなふ・・・(きくちつねこ)
  • いくすぢの滝はそれぞれ 水しぶき・・・(大滝貞一)
  • 「潮岬灯台にて」・・・(自作)
  • 「大海邊」抄・・・(小野十三郎)
  • 「春って」・・・(自作)
  • 「海辺の曲」・・・(島崎藤村)
  • 「京の四季」
  • 展覧会情報 特別展
  • 展覧会情報 海外展
  • Mainichi Shodo Exhibition
  • La Calligraphie du Japon
  • 書の甲子園
  • 毎日書道図書館
  • アートサロン毎日

ニュース

2018年9月28日

「特別展『顔真卿―王羲之を超えた名筆―』に関する書籍コーナー」のお知らせ 毎日書道図書館のページを更新しました。

2018年9月7日

「特別展『墨魂の昴』に関する書籍コーナーは終了致しました。」

2018年7月9日

「特別展示『墨魂の昴』に関する書籍コーナーのお知らせ」毎日書道図書館のページを更新しました。

2018年6月19日

「巻子の複製をご寄贈のお知らせ」毎日書道図書館のページを更新しました。

2018年6月4日

「特別展示 『墨魂の昴―近代書道の人々』のお知らせ」特別展のページを更新しました。

ニュース一覧